スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- 
スポンサー広告 | Top ▲

行列の出来る法律相談所の第2回オークション

お世話になてっる板前のソメさん(紳助さん専属の板前さん)が、放送前に少し話してくれました。 オークションに2回も参加してる八王子のお客さん(今回本人さんは350万で落札できたそうです、絵は放送見てからのお楽しみだ、そうです 店のTシャツ着てるから判るそうです)からの情報で、 なんと!!長渕剛さんの流木に描かれた不動明王の落札価格が800万で落札されたそうです。 すごいですね。その他にも色々話してくれるんですよ。ホント放送が楽しみですね。

スポンサーサイト

2008/11/04 17:31 
未分類 | Top ▲

天ぷら 近藤

銀座の天ぷら近藤に行ってきました。感動の連続でした。(キス、サツマイモ等) 天ぷらの下にある紙を次から次へと気が付けば替える気配り。 日本酒を冷酒で頂きながら食べてました。大変満足させていただきました。

2008/11/03 17:48 
未分類Trackback(0) | Top ▲

お好み焼き のろ

島田紳助 プロデュース 「お好み焼き のろ」 いつも美味しくお好み焼きでした。が、
でも、裏話を聞いちゃいました。いつも、お世話になってる板さん(ソメさん”福岡出身”)が、あまり行かないほうがイイですよ。と言ってました。なぜなら、自家製はほとんど無く冷凍物ばかり、自家製キムチは、嘘だそうです。野菜などきれいに洗ってないから 虫(ハエ等)などよく混入してるそうです。ソースでごまかしてるから、わからないだけで気を付けた方が良いですよ。と教えてくれました。ソメさんは、店の裏話など、芸能人の密会話をメールなどでよく話してくれます。

2008/10/18 16:02 
未分類 | Top ▲

音楽プロデューサーのつんく♂(39)が、国産食材にこだわり、化学調味料を一切使用しない、つんく♂秘伝・大阪仕込みのお好み焼き屋『お好み茶屋♂ かりふわ堂』を3月に新宿歌舞伎町にオープンさせる。

 香川県産のさぬきうどんに使う小麦粉を使用し、こだわりの出汁で溶いて生地を作り、使用するキャベツも季節に応じておいしくて甘い路地ものキャベツを日本全国追いかけるというこだわりよう。ネタには、豚、イカ、エビなどの定番から、牛のスジコンまで、国産素材を吟味している。

 一方、大阪のお好み焼きには欠かせないという大和芋だが、つんく♂秘伝は、さらに“ジャガイモ”を加えること。それにより、外はこんがり、中はふんわりとしたお好み焼きに仕上がるという。


2008/09/08 14:01 
未分類 | Top ▲

焼肉ジャンボ 白金店

肉がめっちゃ新鮮でおいしい!!
裏メニューもたくさんあって、ザブトンがおすすめ
ホルモンの臭みが何もない!

店員さんが、肉ごとの焼き方をそれぞれにアドバイスしてくれます。
3秒ルールであぶっただけの肉は本当に柔らかくて、口の中でとけます。

二時間制限がありますがサービスや雰囲気は普通の焼肉屋さんだけど、味は極上!!
何度でも行きたいお店♪

2008/05/20 21:07 
未分類Comment(1)Trackback(0) | Top ▲

エンボカ 東京

ピッツァが目的で行ったのですが、もちろんピッツァおいしいのですが、
とても気に入ったのが温野菜です。
単純に蒸しただけなのかもしれませんが、素材の味がしっかりしていて、
普段温野菜はあまり食べないのですが、ぜひまた食べたい1品です。

ピッツァは一番好きなマルゲリータ。
生地がモッチモチでいつまでもむしゃむしゃしたくなる感じ(笑)

そしてどうしても食べたかったデザートピッツァ。
「普通のピッツァより小さいです」って言われましたが、
結構立派なサイズでした。
でも普通にぺろっと食べてしまうほど、こちらもモッチモチで
フルーツ満載で非常においしい。

ビールのお値段設定が高めなのと、足元が冷えるのが少し残念。
でもまたぜひ行きたいです。

2008/05/17 17:30 
未分類 | Top ▲

よろにく 南青山

ジャンボ本店の大将の紹介で行きました。
入り口からは焼肉屋とは想像つきません。
店内も綺麗で清潔な感じです。
肉のほうですがとにかく肉質が素晴らしい。
A5ランクの中でもブランドにこだわらず選び抜かれたメス肉のみを使用してるみたいです。
並ロースや並カルビでさえ肉のうまみとやわらかさは凄かったです。
あとおそうめんとカキ氷も美味しかったなぁ。
希少部位も種類がかなりあるので大勢で行って色んなとこ食べるのがいいと思います。

2008/05/14 20:04 
未分類Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

さえき 青山

ランチは3,500円のコースと、それにスペシャリテが一品加わる5,000円のコースの2種ですが、5,000円のコースをオススメします。個室(正確には半個室)でこの値段でグラスワインの白が料理に合っておいしいとなれば、私的に満足ランチです…。

料理全体、オーガニックもへったくれもなく、それ以前に率直にとてもおいしい。創作和食というよりフレンチ和モダン入っていて、この系はとても好きです。なので、そんな店主が選んだ樽成しないアルザスの白ワイングラスに供するグラスワインは、お値打ちなうえ至極料理にピッタンコなのです。

感激したのは、5,000円のみに加わる「鮎のスープ」。なるほど、店主の今夏のスペシャリテと言うだけの逸品。新鮮な鮎を内蔵まで全てを使いスープに仕上げています。あぁ、これがいただけただけでもほんとうに良かったとおもいます。
他では、紫雲丹と蟹味噌。旨い。ワインも合う!。佐島の鯛の造りも水準以上。野菜主体の各品もおいしい。食事はうどんでしたが、これも悪くない。デザートの五穀米だったか十穀米だったかのブラマンジェ好きだったな。
最後の「和の野草のハーブティ」、これは正直、意見が分かれると思いました。上品な玉露ベースに、人参や大葉など10数種類を「日本のハーブ」と称し使っていますが、唯一、趣味っぽさも感じました。


2008/05/13 19:56 
未分類 | Top ▲

麻布 かどわき

案内していただいたのはカウンターのど真ん中のお席。
色んなレビューでかどわきさんの眼光鋭い様子(笑)について書かれているのを目にしていたので少々びびっていましたが、私たちのような若くリッチな雰囲気でもないのに普通に丁寧に接してくださり好印象でした。

お料理は、春の食材をふんだんに使ったコースでした。
1品、1品、強烈なインパクトのある力強いお料理の連続で、「次は何が出てくるのかな?」とワクワクします。
「鮑といちぢくのゴマミソがけ」は、口に入れた瞬間にフワッとあわびの香りが広がり、そのあとにイチジクの酸味とゴマミソの甘みがかさなりなんともいえないおいしさでした。
しめの「桜エビの飯蒸」も絶品でした。

季節柄、お目当ての「トリュフご飯」を食べることができなかったので、また秋になったら食べに行こうと思います。

2008/05/12 18:14 
未分類Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。